エントリー

C89のお知らせ!

  • 2015/11/22 05:14

みなさんおはようございます、アカリです!早起きは三文の得ですが、寝る前に日記を書いています。そんなこんなでお知らせです。
来たるC89に、今年もスペースを頂きました!!2日目(12月30日水曜)の「東1ホール I-35a」にて、くずのカケラは参加いたします。

今回もまた艦これの青葉中心で申し込んだため、絶賛原稿作業中でございます。そんな今回の新刊について触れたいなと思います!
まずは表紙イメージがこちらです。
kuzukake_up20.png

本のタイトルは「どうして青葉はこんなにも可愛いんだ!」です。ほんとなんでこんなにもかわいいのか分からないので、ストレートに付けた結果です。
今回も本の中身を、プロットよりあらすじにてご紹介いたします!

    ――クリスマスイヴ当日、若提督は艦娘達にクリスマス休暇を設けた。日頃の戦いから少しでも彼女たちに解放して欲しいのと、女の子だけの過ごし方をしてもらいたいのとが目的だった。しかし、彼女たちとの生活が常日頃だった反動からか、男独りとなった若提督に寂しさが襲った。
    若提督「…はぁ……。独りでいることなんてどうとも思わないと思ったけど、こんなにも寂しいなんて…」
    若提督「(青葉……今頃みんなと楽しんでるかな…)」
    若提督「ぬわーーだめだ、やっぱり青葉のことが頭から離れない…。こんなにも心の中が寒いなんて…」
    ――休暇を設けた理由に矛盾したような感情との葛藤を繰り返しながら、最後一人鎮守府を出ようとする若提督だった。
    若提督「ま…こんなときはケーキでも買って食べて、寂しさを紛らわすとしよう…」
    ――一提督と言うには少々情けなく、力の抜けた歩を進めている、その時だった。
    青葉「あっ、司令官!お迎えにきましたよっ!」
    若提督「!!? 青葉、みんなと一緒じゃ…!?」

ということで、今回はこのような感じの本です。夏の休暇に続き冬の休暇のお話で、C87(去年の冬コミ)の本→C88(今年の夏コミ)の本→C89(今度の冬コミ)の新刊といった具合に続いています。今までは青葉寄りの視点でお話をお送りしてきましたが、今回の新刊では提督視点を中心にいかに青葉の可愛さをお伝えできるか、プロットに手直しを入れながらネーム作業進行中です。
そんなネームの公開を試みたいと思います。一部分ですが、どのような内容になっているか想像をお楽しみいただけたらなと思います。
kuzukake_up19a.jpg

それでは、また次回の更新でお会いいたしましょう!
今後ともくずのカケラを、どうぞよろしくお願いいたします!

ページ移動

Utility